各界の威厳消失!!

相撲界も外国人力士には「金儲けの道具」としてしか見られていない様子がありありと解るインタビューを見た。
「まぁ許されるんじゃない?」と言う意見が多かったからだ。が、逆にメディアの方は、厳しく批判している様子。それを見ていて思った事は・・・
「モンゴル人は一般人は常識無しの無知が多いんだなぁ・・・」と思ってしまった。
事実、メディアは廃業もやむ無しと報道してるのにも関わらず、一般人はかる~~~く考えている。
朝青龍は今ではもう廃業寸前の瀬戸際迄来ている。と言うのが、私の考えでもあり、礼儀を重んじる各界がこれを許せば「格闘家も一般人に暴力を振るっても良いし、問題を起こしても偉くなれば許される」と言う認識が付くだろうこと必至だ。
まぁ、自分たちの自尊心は遠い棚に上げて、人気の方を取るなら、相撲界の伝統も何もかも、捨ててしまった方がまだマシ!!と言う感じもする。
横審や理事たちがどの様な判断を示すかで、これからの相撲界の格付けも決まるかと・・・。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック