朝青龍引退!!

↑ショージキとーーーーーーーーっても嬉しかった。
まぁ、少々前の事なのだが、「出ていってくれるんだぁ!!」と思って、ホントに嬉しかったと言っても良いだろう。
「心・技・体」が日本の武道とかには、良く飾ってある。でも、その他にも礼節や礼儀と言うのも大事とされるもの。
朝青龍には正直それが全くなかった!!と言っても良いかも知れない。
最初から横綱と言うのには相応しくなかったとも言える。
辞めて以降も辛辣だが、江戸時代から続く相撲、日本の国技とも言えるものを、これ以上踏みにじってほしくなかった。
が、正直相撲界の反応は少々(随分)遅すぎた!!とも言えるかも知れない。
朝青龍の場合、本国で会社経営してる為、日本に帰化も出来ない。(しなくて結構)そして部屋も開けない。
横綱がここまで堕ちるのも、珍しいのではないか??と思ってしまう。
過去に幾つかあったらしいが、厳しい処断が下されている。
日本人横綱が居ないからと言って、品性品格欠如、の人間に力士のトップを預けるのも、如何なものか??と思える最近だ。






相撲甚句(上)名勝負
コロムビアミュージックエンタテインメント
呼出し三郎

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック